AIってなに?知ってるようで知らないAI解説

今では当たり前のように使用され、注目されるようになった言葉「AI」ですが、AIっどのようなものか正直よくわからないという人も少なくないでしょう。そこで、この記事ではAIとはなにか?どのような特徴を持っているのかを説明しています。

AIの登場により、世の中がこれまで以上に便利になりました。ですが、そのAIって一体なに?どのような特徴があるの?AIの基本的な部分から紹介しています。

AI・人工知能とは?その意外と知られていないAIの特徴を紹介

AIは、「Artificial Intelligence」の頭文字を取ってつけられています。これを日本語へ訳すと人工知能となります。ただ、実際のAI・人工知能の定義はまだはっきりとは定まっていないため、専門家によって意見が分かれています。AIのことを【人工的に作られた知能を持つ実態】という風に解釈している専門家もいれば、【知能を持っているメカ】と定義する専門家もいます。さらに、【人と区別がつかない人工的な知能】と定義している専門家もいます。いずれにしても、人と変わらないほど優秀な知能を持っているのが、AIといえるでしょう。

専門家によってもまだAIの統一的な定義がないために、AIとは確実にこういった特徴があるということは言い切れないかもしれません。ただ、中には、AIが優秀、有能すぎて自分の仕事を奪われるのではないか?と心配している人たちも多くいます。それほどまでに、AI・人工知能はその名前のとおり、人工的に作られたとても知能の高い人間に近いものです。今後AIの進歩により、人間の働き方がさらに変わってくるかもしれません。AIのことを正しく理解し、AIを活用することが出来れば、私たちはより多くのメリットを感じることができるでしょう。

人工知能の種類は主に2つに分けられる

AI・人工知能の種類ですが、主に下記の2つのパターンに分けられています。
*特化型人工知能
*汎用型人工知能

まず、特化型人工知能ですが、何か1つのことに特化した人工知能のことをいいます。例を挙げると、自動運転技術や、音声認識、画像認識、囲碁AIなどです。これらはその事柄に特化した特化型人工知能と分類されています。現在の人工知能の研究の多くは、この特化型人工知能をメインとしています。

一方、汎用型人工知能ですが、こちらは臨機応変に対応できる「なんでも型の人工知能」となります。汎用とは1つのものをいろいろな方面へ広げていくという意味であり、その名前のとおり、汎用型人工知能は1つの情報をもとに、自ら考えて応用し、人間のような振る舞いができます。もし、汎用型人工知能が定義通りの完全体になれば、人間の知能を遥かに超える「シンギュラリティ」と表すことができます。未来学者であるレイ・カーツワイル氏の見解では、2045年ごろには、そのシンギュラリティが到達すると予想しているのです。それほどまでに、AI技術はますますの進化を遂げており、人間が作り上げた人工知能が、人間を超えるという逆転現象が起こりうる可能性があるため、特に注目しておきたいポイントではないでしょうか。

※シンギュラリティ:技術的特異点
AIなどの技術が、自ら人間より賢い知能を生む出すことが可能になる時点

AI・人工知能の歴史とは?いつからAIはあるの?

AIという概念について、比較的最近に誕生したものと捉えている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実はAI・人工知能というのは、かなり古くからの歴史があります。人工知能という言葉が最初に使われたのは、1956年イングランドのダートマスで開催されていたワークショップ所謂「ダートマス会議」であり、すでにAIという概念が発表されてから70年近い年月が経過しています。

この時代が第一次AIブームといわれており、第一次AIブーム時にはコンピュータプログラムにおける数々のアルゴリズムが考案されていました。「トイプロブレム」と呼ばれた迷路からの脱出であったり、パズルを解くなど、コンピューター、つまりAIが解き明かしたことで、世間は関心を持ち、驚かされました。ただ、これは明確なルールが定義されていたものだったため、現実の複雑な問題に関しては解決することができませんでした。まだそこまでの技能、知能が当時のAIにはなく、問題を解決できなかったのです。そのことで、世間はAIに対して失望していき、第一次AIブームは短期間で終焉を迎えました。

ですが、1980年代になると、「エキスパートシステム」の開発、導入によることがきっかけとなる第二次AIブームが訪れます。エキスパートシステムは、第一次AIブームの反省から知識表現に重きを置いて、専門家の知識に基づいて作られたルールを活用しました。そのルールが特定の領域についての質問にも答えられるプログラムとなります。このプログラムの開発によりAI研究も進歩するかとも思われましたが、大きな壁が立ちはだかります。それは、1980年代のコンピューターは常識を持ち合わせていなかったということです。そのことから、特定領域の質問に対し、両極端な選択肢を与えてしまい、問題を解決するには至りませんでした。そして、第二次AIブームも過ぎ去っていきます。

第一次AIブーム、第二次AIブームでは人工知能の良さをしっかりと生かすことができず、本質を見ることなくブームが終わりました。それでも、現在の第三次AIブームでは過去の失敗から、様々なことが見えてきました。これまでの人工知能は、与えられた知識を取り出してくることしかできませんでしたが、現在では画像や映像などから情報を抽出することができます。

さらには、音楽、文字の生成なども可能です。AI自らが学習して予測、推測することができるようになりましたが、それはディープラーニングの存在があったからこそでしょう。第三次AIブームが起きているのは、ディープラーニングと呼ばれる技術の改進があったためです。そのディープラーニングが、今後のますますのAI発展に大きく関わることは間違いないといわれています。

AIによって生活にゆとりが生まれる

ここまでAIについて説明してきましたが、AI・人工知能によって、これまで実現できなかったことが実現可能となり、私たちの実生活に大きなメリットをもたらしてくれることが期待できます。有能なAIの存在により、仕事を失う人なども懸念されますが、言い換えれば、AIにより無駄を省くことが可能となり、今後、AIは様々な場面で活躍されることが予想されています。