AI-OCR

「AI OCR」とはAI(人工知能)技術を取り入れた光学文字認識機能(OCR)のことです。「AI OCR」は、従来手作業で行っていた伝票入力作業を効率化することができ、生産性を高めるツールとして、注目されています。

AI-OCR

AI-OCR技術

従来のOCRでは「認識精度が低い」「読取位置の調整が必要」「チェック作業や手直しが多い」といった非効率な業務が発生する課題がありました。

AI-OCRは、OCRにAIのディープラーニング機能を取り入れることで、手書き文字の認識精度が向上し、非定型書類の処理・チェック作業の効率化を実現できるようになりました。

非定型帳票認識
01
非定型帳票認識
棚卸・在庫管理システムに、AI OCRを導入することで、棚卸し帳票処理の自動化を推進し、大幅な業務削減ができます。製造、流通、金融、医療、サービス、教育など、あらゆる業界で使われている手書き帳票に書かれた文字を高精度かつ素早く認識することで、業務効率化とコスト削減を実現します。
02
車両ナンバープレート認識
AI(ディープラーニング)技術により、高速で通過する車両を撮影した映像からナンバープレートを検出し、 これに含まれる文字および数字を高い認識率で文字データ化するものです。 (カメラから車両まで遠距離でも認識可能)
車両ナンバープレート認識
銘板認識
03
銘板認識
製品や部品の製造工程や在庫管理の効率化
製造や部品を管理するために、銘板や管理用シート、ラベルを用いる方法が多いです。AIの手法である機械学習・深層学習を活用したAI OCRにより、各種機器の管理に利用された銘板や管理用シート、ラベルに記載される内容を検出して読みとることができます。必要な情報を読み取ることができれば、製品や部品の製造工程や在庫管理、保守に関わる管理の効率化ができます。
04
ラベル認識
生産ラインの完成品には、製品名、ロットNo、製造日、賞味期限などをAI OCRで認識して、製品毎に異なる賞味期限を製造日から自動で計算して最終検査を実施する事により、製品の安心・安全の確保が実現されるだけではなく、在庫管理も簡単にできます。
ラベル認識

多数な開発事例を参考に
開発事例を請求する

業種別の応用

企画・要件定義

  • 業務プロセスや課題ヒアリング
  • AIソリューションの設計&提案
  • AI技術のアドバイザリー
  • AI活用余地の検討&特定
  • 保有データの整理&準備
  • 1~2ヶ月 程度

開発・PoC

  • アルゴリズムの選定&環境構築
  • AIモデルの学習
  • ビジネス観点からの精度検証
  • 必要データや開発環境の提供
  • 実務観点からの制度検証
  • 実運用に向けた検討
  • 2ヶ月~

導入・実装

  • システム要件定義
  • API仕様の策定&実装
  • 本番環境での試験&検証
  • システム要件の洗い出し
  • 本番環境での動作確認
  • 3~6ヶ月 程度
icon data mining

AI関連情報受信



FAQs

icon question PoC開発は対応しますか?
icon answer

お客様のご要望に応じてPoCから開発までのAIソリューションを柔軟にご提案いたします。目的や規模によりますが、目安としてスモールスタートのPoC開発期間は2ヶ月程度です。詳細はお問い合わせください。

icon question AI導入のために、準備しなければいけないものは何ですか?
icon answer

AI導入の前にお客様が準備すべきことは概ね以下となります。

  • 導入したい業務のフロー、課題の整理
  • 新規ビジネスの場合はビジネス内容の整理
  • 保有のデータの整理&準備
icon question AI開発の費用はいくらですか?
icon answer
AI開発の難易度、複雑さ、学習データの量、カスタマイズ内容、求める精度によって費用が大きく異なります。(200万円から300万円の案件もあれば、数千万円の案件もございます) お客様のご希望に応じて柔軟にご提案いたしますので、ぜひ弊社までお問合せください。