画像認識とは

画像認識とは、画像や動画などのデータに潜在する特徴やパターンなどの情報を抽出し、対象物を判定するAI認識技術の一つです。AI(人工知能)が人間の視覚よりも遥かに超えるレベルに達し、近年様々な領域や業界で広く活用されています。

画像認識とは

開発事例

あらゆる産業の、安全な社会を支える点検・検査・監視の現場ではより高度で効率の良い作業が求められます。しかし人の能力に依存する目視検査では精度・スピードの向上に限界があります。検査員の確保や育成が難しいといった課題も抱えています。これらの課題をAI画像認識が解決し、品質向上と負荷軽減に繋がります。

開発事例

類似画像検索
01
類似画像検索
類似画像検索は、1つの画像を使って、その画像に似た「類似画像」が発見できます。そのほか、「その画像を含むサイト」「関連の画像」も検索できる仕組みとなります。この検索機能はよく様々なECサイトに導入され、多数多様な商品・アイテムの中から、顧客が欲しいものを類似画像から簡単に検索できるようになります。
02
車検出・車番認識システム
車検出・車番認識システムとは、AI画像認識とOCR技術を合わせて監視カメラや専用カメラで車を検出し、車種を認識したり、高精度でナンバープレートを瞬時に読み取りして、車両を特定したりするシステムです。
高速道路の通行車両を記録する交通管理システムや駐車場管理、工場、商業施設での入退出管理にも実際に応用されることが多いです。
車検出・車番認識システム
顔認証搭載の入退出管理
03
顔認証搭載の入退出管理
認証媒体に顔データを利用し、監視カメラやタブレット端末内蔵カメラと連携する認証システムです。手軽に導入できる「顔認証システム導入セット」や、顔認証で入退室を行った情報を勤怠と結び付ける「顔認証による勤怠管理ソリューション」もご用意しております。
04
異常検知・品質強化
製造業においては画像認識技術を活用し、良品と不良品を自動的に判別できます。AIが商品の画像を解析し、欠け・付着物・キズなどの不良を発見、見逃しをゼロに実現することが可能になります。
異常検知・品質強化

多数な開発事例を参考に
開発事例を請求する

業種別の応用

AI導入フロー

企画・要件定義

  • 業務プロセスや課題ヒアリング
  • AIソリューションの設計&提案
  • AI技術のアドバイザリー
  • AI活用余地の検討&特定
  • 保有データの整理&準備
  • 1~2ヶ月 程度

開発・PoC

  • アルゴリズムの選定&環境構築
  • AIモデルの学習
  • ビジネス観点からの精度検証
  • 必要データや開発環境の提供
  • 実務観点からの制度検証
  • 実運用に向けた検討
  • 2ヶ月~

導入・実装

  • システム要件定義
  • API仕様の策定&実装
  • 本番環境での試験&検証
  • システム要件の洗い出し
  • 本番環境での動作確認
  • 3~6ヶ月 程度

関連AIブログ

さらに見る
icon data mining

AI関連情報受信



FAQs

icon question PoC開発は対応しますか?
icon answer

お客様のご要望に応じてPoCから開発までのAIソリューションを柔軟にご提案いたします。目的や規模によりますが、目安としてスモールスタートのPoC開発期間は2ヶ月程度です。詳細はお問い合わせください。

icon question AI導入のために、準備しなければいけないものは何ですか?
icon answer

AI導入の前にお客様が準備すべきことは概ね以下となります。

  • 導入したい業務のフロー、課題の整理
  • 新規ビジネスの場合はビジネス内容の整理
  • 保有のデータの整理&準備
icon question AI開発の費用はいくらですか?
icon answer
AI開発の難易度、複雑さ、学習データの量、カスタマイズ内容、求める精度によって費用が大きく異なります。(200万円から300万円の案件もあれば、数千万円の案件もございます) お客様のご希望に応じて柔軟にご提案いたしますので、ぜひ弊社までお問合せください。