AI-OCRとは?業務効率化を加速化する
「万能OCR」AIME-OCRのご紹介

業務効率化の一環として、紙の文書をスキャナーで読み取り、文字をデジタルデータに変換する「OCR(Optical Character Recognition/光学的文字認識技術)」を活用している企業も多いのではないでしょうか?

OCRは、確かに、文字の手入力作業を代行し、業務効率化を図ってくれますが、印刷された活字の読み取りは得意でも、手書きの文字の読み取りには弱い、事前に設定したフォーマットしか読み取れないなど、まだまだ限られた一部の業務にしか対応できない技術です。

そこで、ここ最近、OCRの進化系として注目を集めているのが「AI-OCR」。この記事では、OCR以上の業務効率化を実現するAI-OCRについて詳しくご紹介していきます。


《目次》

AI-OCRとは? OCRとの違いは?

AI-OCR×RPAで業務効率が2倍に!?

AI-OCR×RPAで効率化できる業務の例

AI-OCRを導入して業務効率化を加速しませんか?

「万能OCR」AIME-OCRのご紹介


AI-OCRとは? OCRとの違いは?

AI-OCRとは? 業務効率化を加速する文字認識へのAI活用

AI-OCRとは、字面そのまま、OCRにAIの技術を取り入れた進化系OCRです。紙に書かれた文字をスキャナーで読み取り、デジタルデータにすること自体は変わりませんが、AIのディープラーニングによって、文字の読み取り精度や作業効率が格段に向上しています。

では、AI-OCRは、具体的にどのようなことができ、どのような点がOCRと異なるのでしょうか。

手書きの文字の読み取りが簡単にできる

AI-OCRは、自動で学習するため、読み取りを繰り返すことで、文字の認識率を継続的に向上させることができます。そのため、仮に1回目の読み取りで、誤認識をしても、誤認識したことを学習させれば、2回目以降は、正しく認識してくれるようになるのです。

また、事前に学習データを与えておけば、最初から、高い認識率で文字を読み取ってくれるでしょう。

AI-OCRでは、このディープラーニングによる、読み取り精度の向上によって、例えば、部首が違うだけで、見た目がそっくりな漢字を正しく認識できたり、また、OCRの弱点であった、手書き文字の認識も簡単に行うことができるのです。クセ字や、途中に訂正が入っているテキストだって読み取れます。

レイアウトを自動認識する

OCRの場合、あらかじめ、読み取りたい文字が、用紙のどこに書いてあるかという座標設定をする必要があり、その設定を行うのに膨大な時間がかかっていました。

一方、AI-OCRの場合は、座標の設定が不要。用紙のレイアウトを、ものの数分で自動認識してくれるのです。

どんなフォーマットでも読み取れる

OCRは、決められたフォーマットのものしか読み取れないため、レイアウトが決まっている「定型帳票」の読み取りにしか対応できないというのが一般的。

その点、AI-OCRは、一つ上の項目でもお伝えしたように、レイアウトを自動認識してくれるため、「非定型帳票」にも対応可能です。一度読み取ったレイアウトを学習するので、同じフォーマットの帳票を読み取る際は、自動で対応するレイアウトを選択し、1回目より素早く読み取ってくれます。

AI-OCR×RPAで業務効率が2倍に!?

「RPA(Robotic Process Automation)」とは、いわゆるデスクワークにおけるルーティン作業を、ソフトウェアのロボットによって自動化すること。工場における、産業用ロボットを使った製造工程自動化のデスクワーク版と考えて差し支えないと思います。

工場で、産業用ロボットに作業をさせる場合、その前段階として、必ず、材料を用意する必要があります。これは、RPAも同じで、材料に当たるデジタルデータを用意しなければ、ソフトウェアのロボットは作業ができません。

これまでは、デジタルデータを用意するのは人の役目でしたが、それを代行してくれる技術が登場しました。もう、おわかりですよね。そう、AI-OCRです。

つまり、AI-OCRとRPAを連携させることで、デジタルデータの用意から、集計、抽出、資料化といった、一連の作業を自動化することができます。

デスクワークに多い、データのデジタル化と、資料作成などといった作業を自動化でき、また、定型の印刷物だけでなく、ほとんど全ての紙媒体が対象になるわけですから、担当者の業務効率は2倍、いえ、職種によっては、それ以上になる場合もあるかもしれません。

AI-OCR×RPAで効率化できる業務の例

AI-OCRとは?の項目でもお伝えした通り、AI-OCRの場合は、比較的どんな紙媒体でも読み取ることができますから、様々な業務の効率化を行うことが可能です。その結果、これまでその業務を担当していた方は、もっと別の業務、人が考え、人の手で行わなければならない業務に集中することができます。

ここからは、AI-OCR×RPAの導入で効率化できる業務の例をご紹

介していくことにしましょう。

請求書・納品書などのデータ入力業務

これまで、OCRでも効率化できていた範囲かもしれませんが、請求書や納品書のフォーマットがクライアントごとに異なる場合、OCRで全てを読み取ることはできませんでした。その点、AI-OCRを導入すれば、レイアウトが異なっていても、手書きで書かれていても読み取ることができますし、さらに、その入力をRPAで自動化すれば、人が行う作業は、入力されたデータの確認と支払いなどの処理のみになります。

経費精算業務

営業職やコンサル職など、外出やクライアント対応が多い方は、月末に処理しなければならない領収書の数も多いのでは? 新幹線やタクシーの領収書に、接待に使ったレストランの領収書、出張先のホテルの領収書などなど。発行元によってフォーマットがバラバラでも、AI-OCRなら、もちろん全て読み取り可能です。読み取ったデータの入力をRPAで自動化すれば、毎月の経費精算の締め日に慌てることもなくなるでしょう。

手書きの申込書やアンケートの入力業務

特にB2Cの商材を取り扱っている場合、お客様に、窓口で申し込み用紙に記入してもらったり、あるいは、購入製品についてのアンケートを回収することもあるでしょう。手書きの文字認識に弱いOCRでは、これらを読み取ってデジタルデータ化することができず、人の手による膨大なデータ入力は必須業務でした。

ここに、AI-OCRとRPAを導入すると、データの読み取りから入力まで、あるいは、データの分類や抽出までも自動化できるので、データ分析や活用に、より多くのリソースを割くことができるようになります。

AI-OCRを導入して業務効率化を加速しませんか?

働き方改革の波が押し寄せ、業務効率化の促進を迫られている企業は少なくないはずです。

データ入力や文字起こしは、わざわざ人の手で行う必要のない業務の代表。そこに、膨大な時間を割いているのであれば、AI-OCRを導入するだけで、一気に業務効率や生産性がアップするでしょう。

また、例えば歴史のある企業で、紙媒体でしか保存されていない資料が多数存在するので

あれば、AI-OCRを使って効率的にデジタル化することで、オフィスの物置の省スペース化と、眠っていたデータの活用が可能になります。より深いデータを分析などに使うことができれば、アウトプットの精度が向上し、マーケティング効果や営業獲得率までアップする可能性も。

業務効率化において、紙媒体という壁にぶち当たっているのであれば、AI-OCRの導入を、そして、RPAとの連携をおすすめします。


AIME-OCR〜万能OCRの3つPOINT

①非定型レイアウトでも対応可能

②帳票以外にも銘版、商品ラベル、車番などすべて認識可能!

③リーズナブルかつ高精度な認識精度

▼万能なAI-OCRで全てを読み取ろう

非定型、定型帳票などのあらゆる書類を簡単に読み取ることができます。フォーマット登録、位置設定の面倒な初期設定作業はもちろん不要です。

日本語、英語、数字、手書きなど、複雑なノイズ情報が多い書類でもOCR変換も可能、従来の手入力作業を遥かに効率化できます。

AI-OCR

▼システム設定が苦手な方でも簡単に設定・操作が可能!

データの回転、台形修正、背景削除などの前処理もAIが自動で対応します。書類と読み取りたい項目を選択するだけで数秒後にデータの抽出ができます。

高度な知識が必要なく、シンプルで使いやすい管理画面のため誰でもすぐ使い始めていただけます。

「万能OCR」で 非定型帳票も、製造番号、車番も簡単にデータ化~低価格&カスタマイズ可能な、「AIME-OCR」のご紹介~

▼お客様のニーズや業務に応じてカスタマイズ開発・追加学習も可能

課題や業務プロセスに応じた貴社の特殊なフォーマットや書類などに応じて、カスタマイズ開発や追加学習ができます。

また、既存のシステムやその他のシステムとの連携をしたり、AI–OCRを搭載したアプリ開発なども可能です。

「万能OCR」で 非定型帳票も、製造番号、車番も簡単にデータ化~低価格&カスタマイズ可能な、「AIME-OCR」のご紹介~

AI最先端技術と豊富な経験を持つ当社のエンジニア・コンサルタントがお客様に寄り添ったサポートをさせていただきます。

AIME-OCRについてのご相談・お問い合わせを承ります。

https://www.aimenext.com/contact