社内システムにAIを!AI開発依頼の流れを紹介

社内システムにAIを導入しようか検討中の企業の方も少なくありません。そのような方のために、この記事では社内システムにAIを導入する流れをご紹介していくので、参考にしていただけると幸いです。

AIを社内システムに導入したいけど、まずはどのようなことをすればいいのかわからないという方々も多いでしょう。そこで、社内システムにAIを導入する際の流れについて説明していきます。

AIによって業務効率化が期待できる

最近では、社内システムにAIを導入しようか検討中の企業も少なくありません。AIを導入することにより、業務の効率化が期待できますし、マーケティング活動を促進していくことが可能となります。そのため、社内システムにAIをと考える企業は増えているのです。

社内システムにAIを導入していくための流れとは?

社内システムにAIを導入するまでの流れは下記になります。

*1.既存業務、事業に対してAIで何ができるかを知る
*2.社内システムにAIを導入するための定義を作成する
*3.AIに学習させるためのデータを理解する
*4.データを整えてアルゴリズムを開発する
*5.開発したAIを評価する
*6.1~5を繰り返しAIの精度を向上させる

これらが、主な流れとなっていきます。もちろん、すべての企業がこのとおりに容易に行うのは難しいでしょうから、試行錯誤を重ねながら、しっかりと社内システムにAIを導入できるようにしていく必要があるでしょう。

さらに具体的に説明していきます。

まず、業務効率化のために、人間が手作業で行う面倒な事務作業をAIにより自動化させていくことです。人間の手間を省けるようにするために、定型化した電話やメールの問い合わせ対応、Excelデータ手入力作業、書類作成、経費精算、コピー&ペースト作業などを、すべてAIに変わりに行ってもらいます。そうすることで、かなりの時間削減、手間の削減が期待できるでしょう。そのために、AIを導入して確実にできることを考え、利益が出せるか、今の業務にAIの導入は必要かをしっかりと話し合うことが大切です。

AIでできることを理解した後、自社の社内システムにAIを導入したい場合は、次にAIを導入するためには何が必要なのかを考える必要があります。

*既存事業、業務の定義
*AIに学習させるためのデータ
*費用対効果の算出

などです。社内システムにAIを導入することで、誰がどのようなメリットがあるのかを考え、どれだけ業務を効率化させられるか予測します。そして、AIに学習させるためのデータですが、Excel、CSVに入力した顧客データや、webサイトから取り出してファイルに出力したデータ、画像認識に用いるデータを理解し、AIに学習させます。次に、先ほど挙げた業務を人とAIが行う場合だと、どちらが費用対効果が高いのかを示し合わせていくことが大切です。これらを行い、AIを導入することでどれだけのメリットがあるのかを確かめることが重要になります。

社内システムにAIを導入する場合の懸念点と多い失敗例

AIによって業務を効率化させたいという企業は多いですが、自社にはAIを導入するための開発技術がない!というケースもあるでしょう。やはり、AIを導入するためには、開発技術が必要です。優秀なプログラマー、コンピューターに精通している人が社内にいれば問題ないでしょうが、そうではない場合はAIの導入は難しいかもしれません。そのような企業であれば、専門家に相談したり、外注化してみるのも方法ではないでしょうか。費用はかかりますが、今後のことを考えると、メリットは大きいはずです。卓越した技術を持った人は大勢いるために、そのような方に依頼するのも方法になります。

一方で、すでに社内システムにAIを導入したものの、うまくAIを生かせていないという企業もあるでしょう。その場合の原因として、

*既存業務・事業の定義が不足している
*データの整理が不足している

このような理由もあるかもしれません。やはり、事業の定義が不足したままAIを導入しても失敗してしまう可能性が高いです。そして、AIに学習させるためのデータの整理が不足していると、AIの良さを十分に生かすことができないため、業務の効率化ができず、利益を出すことが難しくなってしまうでしょう。そのために、企業が社内システムにAIを導入する際には、既存業務がAIによりどのような効果が期待できるのかを入念に話し合う、データの整理を正しく行い、AIに学習させる必要があります。そうすることで、AIの恩恵を受けることが可能となるでしょう。AIを導入することで、うまくいけばかなりの業務効率化が図れますし、費用対策を考えても、多くのメリットを実感することができるはずです。正しくAIを活用することによって、多くの企業がAIに業務を任せられるようになります。

 

AI導入で業務を効率化

ここまで社内システムにAIを導入する際の流れや注意点について説明してきましたが、AIを導入することで、業務の効率化を可能にできます。そのため、これからAIを社内システムに導入することで、人間がこれまでに行っていた作業をAIにまかせることができるために、多くのメリットがあるでしょう。